「インナーチャイルドを癒す…?」


インナーチャイルドという言葉を耳にしたことがある人は、少なからずいるのではないでしょうか?


 この言葉は、心理学用語で「内なる子供」という意味で、取り扱われています。「幼心」のようなもので、本当の自分、本当の感情、本当の気持ち、本音…を表しています。


 自分をしっかりと認めて大切にしている人や、自分のことが大好きなインナーチャイルドは、ニコニコした笑顔でいることでしょう。そして、その人の人生も、のびやかで、楽しくて、人間関係もうまくいっていることでしょう。


つまり、「内なる子供」は「感情の象徴」ともいえるのです。 


 反対に、自分のことが大嫌いで、自分自身を否定したり、自分を認められなかったり、自分の感情を押さえ込んでいると、その人のインナーチャイルドはすねたり、怒ったり、泣き叫んだりしています。


 あまりに放置し過ぎて、すねてしまうと…どこかに閉じこもって、姿を見せることがなくなってしまうので、気をつけなければなりません。


 ただ、いきなり「感情を向き合ってみましょう」といわれても、今まで自分の感情を見つめる習慣がなかった人にとっては、わかりにくく…難解なことでしょう。 


 そのような時には「3歳くらいの子供をイメージして、自分の本当の感情を感じてみる」ことが効果的です。 


 すぐにイメージすることができる人もいれば、できない人もいると思います。


 全くイメージすることができず…出てきてくれない時には「どうしたの?どうしたらでてきてくれるの?今まで、無視してしまってごめんね。今日からあなたのことを認めて、大切にするからね」と優しく、優しく語りかけててみてください。


 自分のことをいつも後回しにして、自分を認めたり、慰めたり、優しくすることを忘れてきた人は、特にインナーチャイルドが寂しがったり、ともて愛を求めています。


ただただ…認めて欲しいのです。 


 もちろん、今からでも間に合います。インナーアダルト(自分のなかの理性的な大人の意識)としての自分が、寂しがっているインナーチャイルドをしっかり抱きしめ、愛をたくさん送ってあげるようにしてください。 


 積み重ねることで、必ず、その効果が現れて、難しかった人間関係もスルッと楽になっていきます。  

NextStage-一悟術ヒーリング-

NextStage-一悟術ヒーリング- 「自分を縛り付けているものから解放され、誰もが自然に笑っていられるような社会づくりに貢献する」 ことを推進します。

0コメント

  • 1000 / 1000